平成10年度から始まった「小地域ネットワーク活動推進事業」は、「地域が一つの家族」を合言葉に住民が参加しやすい小地域を単位として要援護者一人ひとりを対象に、保健・福祉・医療の関係者と住民が協働して進める援助活動で、ひとり暮らしや寝たきりの高齢者世帯などが地域の中で孤立することなく、安心して生活できるよう地域住民による支え合い助け合う活動を展開し、あわせて地域における福祉の啓発と住みよい福祉の町づくりをすすめようというものです。


① 個別支援活動
 概ね小学校区程度の範囲において、近隣住民が支援を必要とする人たちを暖かく包み込み、安否確認や話し相手になる見守り・声かけなどの個別支援の活動を網の目のようにきめ細かく組織し、週2回以上の訪問活動を目指しています。

② グループ援助活動

1.ふれあい食事(会食)サービス

 日頃、孤独になりがちなひとり暮らしの高齢者が、①いろいろな人とのふれあい交流の場②栄養バランスの取れた食事で健康を支える③地域の人たちが高齢者への理解を深めるなどの目的で開催しています。年々参加者も増え続けており、地区福祉委員会の大きな活動のひとつになっています。

2.いきいきサロン
 少人数の参加者が歩いて行ける場所で、福祉委員やボランティアと参加者が共同企画して運営していく楽しい仲間づくりの活動です。健康体操、手芸、囲碁・将棋などの地域の個性を発揮した取り組みが展開されています。

3.子育て支援活動 
 核家族世帯の増加に伴い、子育てについての情報が乏しく、子育てで悩みノイローゼになる親が増加しています。子育て中の親子などが集まり、ボランティアとともに遊びを通じて子どもの成長について学習したり、子育てについての交流活動、相談活動などを行います。 これらの活動の他にも、地域リハビリや子どもとのふれあい交流(世代間交流)などの活動があります。


このページの初めに戻る トップページ


 住みよい福祉の町づくりを進めることを目的に、地域住民のさまざまな福祉問題を解決し、地域住民が安心して暮らせる町づくりを、住民が主体となって知恵と力を出し合って、地域総ぐるみで推進する地域住民主体の実践組織です。区域は、学校や保育所や公園、集会所等々がおおむね充足され、住民自治の基本的な単位となりうる範囲の小学校区を単位としています。組織は、町内会、自治会、民生委員児童委員、老人クラブ等が中心となり形成しています。平成14年に市内全校区(14校区15委員会)に地区(校区)福祉委員会が設立されて、市内全域に小地域ネットワーク活動が推進されます。


このページの初めに戻る トップページ





自分づくり・まちづくり

人生をいろどる、出会いとやりがい

社会に目を向け、できること・したいことを

見つけてみませんか

 
 登録ボランティアについて
「河内長野市ボランティア連絡会(ボラ連)」とは
    ボラ連参加グループ一覧
・グループのほか、個人登録をして活動する方法もあります。


             
  ボランティア活動をしたい人の相談


  
ボランティアの募集、ボランティア活動の場の調整

 ボランティアにしてほしいこと=「ニーズ」と、ボランティア活動をしたい人を結ぶための、調整や紹介をしています。

  ボランティアの養成、資質向上、学びの場づくり
 ボランティア活動による対応が望まれるニーズがあっても、その内容のボランティア活動が不足している場合、講習会を実施するなどしてボランティアを養成し、登録・紹介しています。

  ボランティア活動に関する情報の収集と提供

  ボランティア活動に関する広報   
 ボランティア情報紙「わになってかわちながの」の発行など

  福祉レクリエーション用品の貸出し  
 ~地域の交流の場で活用を~
▼目的と貸出し対象 社協では、地域住民の皆さんの交流の場作りの支援を目的として、福祉委員会やボランティア・市民活動団体、自治会・町会、子ども会、老人クラブ等に福祉レクリエーション用品の貸出しを行っています。
▼貸出し期間 7日以内
▼貸出し費用
無料
▼申込み 当社協に設置している使用申込書に必要事項を記入し、提出してください。仮予約は電話可。
▼貸出し用品一覧 pdfファイル
▼詳細はお問合せください


  福祉学習の支援
 社協では、地域住民が身近な場所で行う福祉学習を支援するため、地区(校区)福祉委員会が主体となり実施する福祉学習会に「福祉学習サポーター」を紹介したり、アイマスク等の備品を貸出したりしています。
「福祉学習サポーター」は、お話や実技の指導をするボランティアです。
 小・中学校、高等学校における福祉学習へも、同様の支援をしています。 
  ●福祉学習のプログラム
    「車いす介助体験を通して伝えたいこと」
    「視覚障がいの理解のために」
    「聴覚障がいの理解のために」


  
ボランティア活動保険などの取り扱いについて

  ●ボランティア活動総合補償制度
    ボランティア活動保険
    非営利・有償活動団体保険
    ボランティア・市民活動行事保険
    移送中事故傷害保険
 
  詳細のお問い合わせは
    大阪府ボランティア・市民活動センターへ
     電話 06-6762-9631

  ●加入手続きは お近くの市町村社会福祉協議会へ


  河内長野市ボランティア連絡会とは

 河内長野市ボランティア連絡会(ボラ連)は、参加グループの活動を推進するため、各グループから選出された世話人により、企画運営・広報部会の2部会を編成し、また、世話人全員で世話人会を構成して会務を進めています。
 連絡会の活動には河内長野市社会福祉協議会から活動拠点の提供などの支援があり、また、ボラ連としても社協事業に協力をしています。また、河内長野市が市民公益活動を推進するため企画した「かわちながの市民公益活動推進委員会」にも各グループから積極的に参加し、福祉分野以外の諸活動との交流にも努めています。


  河内長野市ボランティア連絡会参加グループ一覧

   ※詳細は河内長野市社会福祉協議会へお問い合わせください。

活動の種類 グループ名
(五十音順)
主な活動の
日時と場所
活動の内容
音  訳 音訳サークル
あい
毎週水曜日の
午後1時30分から
ボランティアセンター
視覚障がい者に提供するために「社協だより」やリクエストもの、サークル独自のものを音訳テープ及びCDにして、お届けしています。
手  話 手話サークル
さくらんぼ
毎週水曜日
午後7時から
ボランティアセンター
聴覚障がい者と健聴者が親睦を深め、諸問題について相互理解のもと、共に学習をし、活動しています。
手話の勉強もがんばっています。
女性のための
電話相談
さざんかの会 毎週木曜日
午前10時から午後3時30分
専用電話 65-0707
女性のための電話相談をしています。カウンセリングや心理学を研修し、秘密厳守でお話を伺っています。
手  話 手話サークル
てのひら
毎週金曜日
午後1時30分から
ボランティアセンター
聴覚障がい者と共に、手話技術の向上と交流を目的に活動しています。また、聴覚障がい者への理解を深めるため、いろいろな行事に積極的に参加しています。
点  訳 河内長野
点訳
サークル
毎週月曜日・金曜日の
午前10時から12時
ボランティアセンター
市の広報や地域資料など、目の不自由な方の必要とされる情報を、主にパソコンを使って製作していますが、時には点字板も使います。
施設での
お手伝い
パレアナグループ 主に火曜日の午後
寿里苑内外
特別養護老人ホーム「寿里苑」の行事やお手伝いをしています。また、市内の学校にも車いすの体験学習に行っています。
要約筆記 要約筆記
サークル
「葉月」
毎月第2・第3月曜日の
午後1時30分から
ボランティアセンター
聞こえない人、聞こえにくい人に、要約筆記をして文字による情報提供をするグループです。
「速く」「正しく」「読みやすく」を目標に活動しています。
字  幕 かわちながの
字幕サークル
毎週月曜日の午前10時から午後3時

市立障がい者福祉センター「あかみね」
高齢化による難聴者の増加に対し、映画やビデオに字幕をつけて、見ていただく活動をしています。
また、障がい者のためにパソコン講習も行っています。
施設などでの
傾 聴 
傾聴ラブハンド  市内各施設にて定期的  ご依頼いただいた施設に出向き希望者にハンドマッサージを施しながらお話しを伺います。 
 施設での慰問  大正琴乙女会 毎月第2・第3火曜日の午前  地域行事などでの演奏活動をしています。
 施設での慰問  すみれ会 随時  施設などのイベントで余興として活動しています。


このページの初めに戻る トップページ 事業一覧 プライバシーポリシー